子供たちも大好き、家族で楽しめる魚釣り「さびき釣り」

ファミリーで楽しむことができる釣りといえば “さびき釣り” です。

我が家では子供らにせがまれてしまうともっぱらさびき釣りとなります。
これ、簡単でいいですよね。
先客のみなさんに軽く挨拶しつつ、さりげなーく情報を集めながら群れが来ているかをチェック!
群れがちょうどきているところに遭遇できた時の喜びたるや・・・!!
先日、アジを大量に釣り上げることができたんですが、連れて行った子供らは大喜び!!
釣り上げてはボックスへの繰り返し。これはもう子供らにはたまりませんよ!

まあ、釣ってるときは楽しいんですがね・・
調理をする嫁には大変な思いをさせてしまうわけですよ・・
魚をおろすのが苦手な嫁でして(苦笑。

それでも!!
釣りにいったからには釣りたい!!

できることなら大漁!!

子供たちも一緒ならなおのこと!!

「つまらない」なんて言葉は聞きたくないぞ!
連れていくからには大漁だ!と意気込んでいきます

うちの場合、どのような釣り方をしてるのかといいますと、リール付きの竿で楽しんでいます。
子供たちはリール付きが大好きです。よく糸を絡ませたりとトラブルが多く面倒ではありますがね・・
それでも、リールがある方が子供らは気分が上がるようですね。
最初はやたらクルクルと回すんです。でも、そのうち試すことはしなくなります。
集中して竿を持つ様になるのです。(ここに到達するまでが、結構トラブル続きなんですがね・・)

ちなみにおもり付きのさびきカゴはどうしてるかといいますと、うちの場合は底付けです。

これで集中して釣るわけですよ。

子供らが一緒のときにはアミエビを豪快にまきます。そりゃたくさん連れてほしいですからね!
子供らも撒くのをお手伝いしてくれます。生臭さなんて、魚が釣れ始めたら一言もいわなくなっちゃうんですよ!

と、こんな感じで朝早くからお昼くらいまで釣っていればボックスいっぱいに!

帰りは「今夜の晩御飯は何をつくってもらおうか~」と、親子で大盛り上がりとなるわけですよ。

みなさんも、
こんな風に釣りを楽しまれてはいかがですか?

お子さんがいらっしゃるかた、ぜひ手軽に始められるさびき釣りにチャレンジしてみてくださいね!














ファッション|冬にはエコで暖かい座布団がおすすめ|心の童話|オーディオ|看護師求人|アフィリエイト|住宅リフォーム|相互リンク|RANKERS|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|占い 電話|生命保険の選び方|

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする