小さい子でも楽しめるサビキで入れ食いフィッシング | 魚釣りするならルアーフィッシング

小さい子でも楽しめるサビキで入れ食いフィッシング

わたしは魚釣りに付いて行く専門なですが、よく父が連れて行ってくれる兵庫県明石市垂水区周辺の海岸がファミリーフィッシングにおすすめです。

我が家では軽く伝統行事っぽくなってきています。

父は普段つり仲間と釣り船などに乗って大物を狙いに行くのですが1年に一回家族一同を引き連れてこの垂水区界隈に連れて行ってくれます。

アジの子供、まめアジがさびきで入れ食い状態になることがあります。

オキアミを巻いて、なんか釣れ出したな。と思ったらそっから一気にぴちぴちと元気なまめアジたちが七夕の短冊のようにサビキで釣れます。

小さなこどもでも竿の準備だけしてあげればオキアミをすくってまいて、そこに糸を垂らしておけばつんつんとわかりやすい当たりがくるので十分楽しめます。

実際孫3歳も連れて行って釣っていました。数年まえですが冗談じゃなく100匹くらい家族総出で釣ったことがあります。

開いて小骨をとってさしみでたべたり、小さいのは骨そのままでからあげにしたり、それを南蛮づけにしたりして食べました。

垂水周辺の海岸沿いは近年奇麗に舗装されてウッドデッキになっているところなどもあり、柵もついているので小さい子を連れていっても安心ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする