柔らかい竿を使う、ふかせ釣りはやり取りが楽しいです | 魚釣りするならルアーフィッシング

柔らかい竿を使う、ふかせ釣りはやり取りが楽しいです

私は、堤防にクロダイを狙いに行きます。

ふかせ釣りの魅力は、柔らかい竿を使うので竿が綺麗に曲がり、やり取りをじっくり楽しめる事です。

船に乗らずに身近な堤防で楽しめる事も魅力です。

一匹目を釣るには結構時間が掛かりました。

初めて釣った時はドキドキしました。

あわせを入れても動かないので、根掛りだと思いました。

しかし、クロダイがゆっくり動き出したので分かりました。ばらさないように慎重にやり取りしました。

クロダイは警戒心が強くて簡単に釣る事が出来ないので楽しいです。

昼間はボラやアイゴが釣れます。私はボラが掛かると、やり取りやタモ入れの練習になるので楽しんでます。

アイゴは、掛かると根に突っ込むので糸を切られてしまいます。

クロダイは雑食性で好奇心が強い魚です。エサはオキアミ、サナギ、イソメ、など沢山あります。

オキアミにもボイル、ハード、ソフトなど硬さが豊富にあります。

その日の状況に合わせてローテーションしながら狙います。コマセの固さの調整も必要です。

コマセは拡散するように撒いたり、固めて底に溜めるように撒いたりします。

ふかせ釣りは奥が深く、風向きや潮の流れをよく観察する必要があります。

上手な人がいたら声をかけて話を聞いてみると上達するでしょう。

大きなクロダイが掛かると楽しいので挑戦してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする