トップウォーターでのバスフィッシング | 魚釣りするならルアーフィッシング

トップウォーターでのバスフィッシング

昔は夏場の暑い時期になると、日が上る前から、ホームグランドでもある熊本市にある江津湖に釣りに行ってました。

ここの場所は湧き水なので冬場でもあったかく、水温20度くらいあるので冬の寒い時期でもトップにバスは出るのですが、季節的なものか、暑い時期に通うことが多かったです。

ロッドは6フィートで、トップ用の軟目のもので、smithのスーパーストライクfo60を使ってました。

このロッドはトップウォータ用に開発されたもので、グリップがガンタイプのコルクで作ってあるのでとても握りやすかったです。

それに、取り外し可能なので自作してロッドを作ってそれにつけてました。

リールは、abu5000cで、16ポンドのラインを使ってました。強引にかかったバスを抜き上げることが、できるからです。

ルアーは、好みで選ぶのが一番だと思います。

自分で選んだルアーで釣りをするのは、また格別だと思います。

私は、ウッド製のものを使ってました。かけた後、バスの葉型がルアーに残り勲章のような感覚に浸れるからです。

ここの場所でかかるバスは型が大きいので、トップにバイトする迫力がけっこう楽しめます。

ですのでこの場所で釣りをするなら、普段使わないような大きめのルアーを使うことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする