臆病な魚 イシモチ、ニベを釣るには | 魚釣りするならルアーフィッシング

臆病な魚 イシモチ、ニベを釣るには

イシモチとニベの区別が話題になりますが、尾びれの形はどちらも三角形なのでウロコの配列、エラブタの黒斑で区別をつけます。

投げ釣りで釣る事ができるのは関東ではイシモチが多くて、関西ではニベが多いです。

・仕掛けは太めがいい
投げ釣りで狙うなら夜釣りや潮の濁りがある日が条件になります。

ですからハリスは太くてもイシモチの食いには影響ないです。

一番神経を使わないといけないのはいかに絡みが少ない仕掛けにするか、という事です。

ハリスが幹糸に絡むとイシモチの食いつきはすごく落ちます。

ハリスにビニールパイプを通すなどの工夫をすると、絡みが減ってイシモチの食いが良くなります。

イシモチは海底から1mや2m上を回遊する事があるので、胴付き仕掛けで狙うと効果的です。

竿は釣り場により異なりますが、50メートルラインがポイントになるのなら万能竿でも大丈夫です。エサは大きめにつける方が食いが良くなります。

・ポイントを探る
イシモチが釣れるポイントは海岸のかけ上がりの落ち込み部分です。くぼみになっている所でよく釣れます。

逆に平坦な砂地では全然アタリがありません。

イシモチやニベの釣りはどちらかというとマイナーですが、釣り人ならぜひお試しあれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする