エサ泥棒カワハギ釣り | 魚釣りするならルアーフィッシング

エサ泥棒カワハギ釣り

エサ取りが上手く「エサ取り名人」のニックネームをもつこの魚は食べてよし!釣ってよし!の誰にでもお勧めできる対象魚です。

また、愛らしいその容貌から女性や子供からの人気が高く、岩場砂浜のアイドルといえるような魚です。(我々の中では)

カワハギは砂浜を好んで住処にしており、水深5mから15mの砂地が点在する岩礁地帯が好ポイントとされています。

勿論船釣りでもかなりの人気があり「カワハギ狙い」の船釣りはリーズナブルな値段で楽しめる為、船初心者にはお勧めの魚です。(近海ですので長いこと船に乗らなくてもよい)

さて今回は岸からのカワハギ釣りについて説明します。

まずロッドですが、2mのルアーロッドをお勧めします。

先が柔らかい磯竿でもいいですが、お金のない私はルアーロッドで代用しています。

カワハギ釣り用の竿もありますが、総じて値段が高いので代用竿ですますのがよいと私は考えております。

仕掛けですが市販のカワハギ仕掛けを採用。それに浮きをつけ中層でフラフラしているカワハギを狙います。

中層のカワハギ狙い故に、餌は定番のアサリやイソメではなくオキアミを利用しています。

オキアミも頭と尻尾はとってしまい、カワハギの口に合わせた大きさに合わせます。

中層狙いの良いことは外道が少ないことです。

底まで落とす釣りですとハゼやキュウセンが獲物の半分を占めてしまいますからね。

またカワハギがいる層が水面付近でしたら、渓流竿に浮きを付けての釣りもお勧めです。

引きもかなり楽しめるので釣りを楽しみたい方は是非試してください。

エサ取り名人カワハギとの仁義なき戦い。皆さんも是非楽しんでみてください!

カワハギ釣り

餌 
○アサリ ○イソメ ※エビ(我流)

ポイント
◎船釣りorボート釣り ○堤防

釣り味◎美味しさ◎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする