釣っても楽しい食べても美味 サヨリを釣る方法 | 魚釣りするならルアーフィッシング

釣っても楽しい食べても美味 サヨリを釣る方法

さんまに似て細長い体で下あごが突き出ているのがサヨリです。

サヨリの群れは表層を泳ぐので魚が寄ってきたかどうか確認しやすいです。

群れを脅かさなければかなり近くまで寄ってきます。

魚を脅かさないようにすれば数をたくさん釣れる魚です。

・竿と仕掛け
釣り味を楽しみたいなら長めの渓流ざおにシモリ仕掛けが良いです。

40センチメートル級のサヨリをかけるとかなりスリリングな釣りをする事ができます。

しかしサヨリが釣れたという情報が流れると釣り人が集まってくるので、手ざおで釣れる釣り場は多くはないです。

こういう時には飛ばしウキを使い、かなりの沖の方にいるサヨリの群れを狙います。竿は磯竿の2号クラスで大丈夫です。

・エサ
 
サヨリという魚はその見た目からも分かるように下あごが異常に発達していますが、反面上あごが小さいのでハリにかけるのが難しいです。

ですから小さなハリと小さなエサを使う事が釣果を上げるポイントです。

一番手頃でハリに刺しやすいエサとしては、はんぺんです。

沖アミの場合はむき身にしてからハリに刺します。

この場合もハリ先を必ず出しましょう。魚のかかりが良くなります。

バター焼きや、吸い物、フライなどにしてもおいしい魚です。ぜひ、サヨリ釣りにチャレンジしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする