牛深沖磯でのクロ釣り | 魚釣りするならルアーフィッシング

牛深沖磯でのクロ釣り

今から20年くらい前のことなのですが、クロ釣りに友人と毎日のごとく通っていたことがありました。

牛深沖の磯ということで、東シナ海なので海の状態が急変することが多く、一人で行くのはとても危険なところでもありました。

当時釣りブームということもあり場所取り合戦が激しかったので、前日の一番船に乗らないといい場所はとれませんでした。

そうまでして行って釣果がそれだけのものが得られるかというとそうでもなく、たいてい坊主に終わることが多かったです。

ここら辺は通って経験を積むことによって、場所の特徴をいち早くわかった人間がいい釣果をあげてました。

私は、沖の瀬のハナレという場所がお気に入りでした。

ここは、本島である沖の瀬から潮が流れてくるので、沖の瀬で撒いた撒き餌が利いてくるので、こちらであまり撒き餌を撒く必要性もなく真下に海溝があるのでそこに魚がついていて、とくにクロの50cmクラスがいました。

先端のほうは、スズキなど青物がえさを追ったりしてました。

わたしは、この地付きのクロを釣ってやろうと浮きを0号にして、ハリスもギリギリまで落として仕掛けをいれてましたが、すれているせいかなかなか浮いて来ずあたりもとても小さかったです。

何度か通った末かけたのですが、内側に巻き込まればらしました。

それ以来そこには通ってないのですが、いつかまたチャレンジしたいと思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする