入れなくなった釣り場 | 魚釣りするならルアーフィッシング

入れなくなった釣り場

少し前までの夏場には仕事を早く終わらせて、帰宅後すぐに近くの港に脈釣りに出かけることがありました。

短い釣竿と予備の針などの入った小箱、手ぬぐい、餌をバケツに入れて短パンで出かけていました。

かなり長い波止で、普通に歩くと15分くらいは掛かるかも知れません。

波止の先端まで行ってから戻る方向に転々と脈釣りしながら進みます。

ゆっくり進むと1時間くらいの釣りです。

何を狙っているかと言えばガガネ(ガシラ)です。かなり大きいのがいます。

ガガネは煮付けにすると美味しいので食べるのが目的です。

夕方なのでアジ釣りの人は帰り支度をしています。

その間を邪魔にならないようにして転々としながら針を落として行きます。

針を落として底に着いたら少し巻き上げて浮かします。竿で少し上下にして餌を振ります。

それで魚信が無ければ巻き上げて次に進みます。

ガガネは回遊しているわけではないので魚信が無ければそこにはいないです。

転々としているとそのうち魚信があります。軽く合わせて巻き上げます。

大きいと重たいです。海面から上がるとあまりバタバタ暴れません。

バケツに入れて持って帰ります。

だいたい2~3尾は釣れます。たくさん釣れても食べられないのでちょうど良い量です。

そんな釣り場だったのですが最近、入れなくなりました。

密入国、テロ対策だそうですが、金網張ってもあまり意味がないと思います。

本当は釣り人防止なんだろうなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする