遠州灘(静岡県)のサーフにおけるルアー釣り | 魚釣りするならルアーフィッシング

遠州灘(静岡県)のサーフにおけるルアー釣り

遠州灘サーフでルアー釣りをしています。

ここではヒラメ、マゴチ、シーバス、ブリ、サバなど数多くの魚種をルアーで釣る事が出来ます。

しかし、そう簡単には釣れません。

知識と腕を身に付けていかないと何回行っても釣れないでしょう。

何故なら、当たり前の事ですが魚のいる場所にルアーを通さないと釣れる訳ありません。何処にでも魚がいる訳ではありません。

潮の流れ、波の立ち方などを良く見て海の地形をイメージしなくてはいけません。海の深さも重要なポイントです。

魚がどういった場所に居着くかを学び、そのポイントにあったルアーを投げないと釣れないのです。

ルアーにも様々な種類が存在します。

海の表層を泳ぐもの、表層から60㎝潜って泳ぐもの、表層から1m潜って泳ぐもの、海の底スレスレを泳ぐものと使い分けしなくてはいけないのです。

魚の種類によって海のどの高さにいるかも違うのです。

ですので、このポイントは水深もあり底の方にヒラメがいるからこのルアーを投げる、といったように海、魚、ルアーの知識が身に付いていないと魚を釣る事が出来ません。

では、どうやって知識、腕を身に付ければいいでしょうか。

ネットや雑誌の情報も大切です。実際私がネットや雑誌で学んできた事は間違いではありません。

しかし、私の行くサーフには必ずしも当てはまるとは限りませんでした。

私自身は、とにかく同じ場所に行きまくる事で毎日の少しの変化を観察して知識と腕を身に付けました。

釣れないと解っていても、釣りに行きました。時には竿も持たず手ぶらで行きました。

釣れなくても、無駄な努力ではありません。何か一つでも手にするものがあるはずです。

その積み重ねこそがルアー釣りでの成果に必ず繋がるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする